動物の供養を行っているお寺で葬儀をして満足した。

 動物の葬儀を行っているお寺でお葬式をしました。
 自宅で看取りましたが、お世話になっている動物病院に相談をして、動物の葬儀を行っているお寺を紹介していただきました。

 段ボールに入れて、その中にお気に入りの毛布やおもちゃ、ごはんなどを入れ、お花で飾り、自宅で娘と一緒にお通夜をしました。
 翌日、紹介をされたお寺に出向きました。

 お寺では、申込書に必要事項を記載し、葬儀の種類を選びました。個人で行うもの、合同で行うもの、お葬儀のあと、火葬をする際、個人で行うもの、合同で行うもの、その後、お骨を自分で拾う場合、そうではない場合、お骨を入れる入れ物をどうするか、そういったようなことを、自分で選択をするようになっていました。それによって、かかる時間や、費用などが異なるようになっていました。

 うちの場合は、葬儀は合同で、また、その後の火葬は個人で、骨は拾っていただき、標準的な骨壺に入れてもらい、それを後日受け取りに行く、というスタイルにしました。

 費用は実際のところ、よく覚えていませんが、べらぼうに高かったという印象はありません。

 お寺は、人間を対象としたお寺も同じ敷地内にあるようなところであり、お坊さんもきちんとした方で、お経もきちんとあげていただきましたので、とりあえずは満足をしています。

 そのお寺のホームページを拝見すると、移動車で火葬をしてくれる業者もあるようですが、そういった業者は悪徳業者が多く、お勧めできない、と記載されていました。そういう業者があること自体を知りませんでしたが、大切な家族ですので、きちんとした形でお葬儀をしてやりたい、と思っていましたので、今回のお寺でお葬儀ができたことは満足をしてます。

 葬儀への参列は、本来ならば、娘と私のつもりでしたが、娘は仕事が休めず、結局私一人で参列しました。

 私は喪服で参列しましたが、合同葬であったので、他の方もいらっしゃり、その方々は、平服でした。

 お葬儀をすることにより、きっと残されたものの自己満足なのでしょうけれど、きちんとお別れができた、と思えます。

 その後も人間と同じように、期日ごとの法要をそのお寺でしました。また、骨壺も四十九日が終わったら、合同のお墓に埋葬していただきました。
 概ね満足をしています。