預けた後、その子が本当に火葬されたのか、貰った遺骨が本当に自分のペットの物なのか確かめる術はありません。

去年うさぎがなくなったのでお葬式をしました。
ペット葬儀というと何となく明るい部屋で大好きなおもちゃやお菓子に囲まれて…というイメージでしたが、実際私が頼んだ所は仏式の霊園で、人間と同じようにお坊さんがお経を読んでくれる所でした。

葬儀内容にも色々と種類があり、立会葬、合同葬、個別葬などがあります。
火葬車で自宅まで来てその場で葬儀をしてくれる所もあります。
私がお願いしたのは立会葬という飼い主ごとに火葬に立ち会い、収骨するという物です。
ペットを預けて他の子と一緒に火葬して貰う合同葬や、個別で火葬して貰う個別葬など、結構値段が変わってくるので悩みましたが、最後の瞬間まで一緒にいられる立会葬を選びました。
火葬が終わった後すぐに収骨できる所も決め手の一つでした。

費用はペットの大きさによって変わりますが、うちのうさぎは三万円ぐらいでした。
亡くなった次の日に電話をしましたが、割と混み合っていたので亡くなったらすぐに連絡をした方がいいと思います。

お葬式には私と両親、実家を離れた姉も駆けつけてくれて家族全員で参列しました。
初めてだと何を着ていいのかわからないと思いますが、喪服じゃなくて大丈夫です。
私は少し暗めのワンピースを選びましたが父はジーンズで参加しました。

立会葬は本当に人間と同じようなお葬式です。
火葬炉まで一緒に行き、その場でお坊さんがお経を読んでくれます。
その間、うさぎが初めてうちの家に来た時の事や、食欲がなくなって病院に駆け込んだ日の事など、うさぎと過ごした日々の思い出が蘇ってきました。
亡くなってからは寂しい、辛いという感情しかなかったので、思い出に浸れる事のできる時間は有難かったです。
火葬炉に入った瞬間は胸が痛かったけど、葬儀が終わり、外に出ると何だか一区切りがついたようでホッとしました。
悲しいけどやりきった、という安堵感とうさぎへの感謝の気持ちでいっぱいでした。

立会葬は誰もがやってあげたいと思う物ですが、葬儀屋に預けて火葬して貰うのもいいと思います。
ペットが死んだからという理由では仕事も休みずらいですし、飼い主さんの都合で決めるのが一番だと思います。
しかし中には個別といいながら合同で火葬し、適当に骨を入れる葬儀屋もあると聞きます。
預けた後、その子が本当に火葬されたのか、貰った遺骨が本当に自分のペットの物なのか確かめる術はありません。
もちろんそんな業者は中々いないと思いますが、ペットブームに乗っかった悪質な業者も増えているので、葬儀屋選びは慎重にした方がいいと思います。

余裕があれば候補を何個かあげて、実際に見に行くのもいいと思います。
園内が荒れていたり、呼んでも人が出てこないなどは注意した方がいいです。
人手不足の可能性があり、やっつけ仕事になるかもしれません。
あまりに費用が安すぎる所も要注意です。
でも飼い主さんが行きやすい所が一番です。
綺麗な場所やペットとの思い出の土地などで検討してもいいと思います。

みなさんにとって心に残るお葬式が迎えられますように…。