骨壺の上に被せるカバーが数種類あり、好きな物を選ばせて貰えました。

10歳だったメスの雑種猫が入院先の動物病院で亡くなり、病院にご紹介頂いた葬儀屋さんにお願いしました。

費用は葬儀、火葬で約2.5万円程だったと記憶しています。

葬儀前日は友人が来てくれました。

当日は主人が仕事で外せず、私一人で葬儀から火葬まで済ませました。

家まで葬儀場の担当の方が迎えに来てくれ、葬儀場まで送って下さいました。

大きなお寺に併設された一角に、動物供養専門の場所がありました。
うちの猫をきちんと祭壇に上げ、お坊さんが「可愛いお子様ですね」とお声掛けくださり、それからお経を上げてくださいました。
その後、一年間継続して供養をして頂く様お願いしました。
その代金が+3000円程だったと思います。

葬儀の後、火葬を行う為お寺から約1時間程離れた火葬場へ移動しました。
火葬が終わるまで1時間以上時間がかかる事等、しっかり説明を受けました。
骨壺の上に被せるカバーが数種類あり、好きな物を選ばせて貰えました。
女の子なので可愛らしいピンクにしました。
火葬炉は全て個別になっており、小さな建物が複数ありました。
火葬前にはしっかりとお別れの時間を取ってくれました。
火葬の間は、綺麗な待合室で待機していました。
動物用のお墓などのパンフレットが置いてありました。

火葬が終わり、自分でお骨を骨壺に入れ、先だって自分で選んだピンクのカバーに骨壺を包んで頂きました。

火葬が終わった後、最寄りの地下鉄駅まで送って頂けましたので、お骨を持って帰宅しました。

◇はじめの印象と変わった点は?
動物の葬儀なので、担当の方も簡単に事務的に済ませてしまうのでは、と危惧していましたが、供養から火葬まで終始気を使ってくださり、終始丁寧に対応して頂けました。

◇ペットの葬式をする前と後とで、心境の変化などはありましたか?
自己満足に過ぎないと思いますが、ちゃんと送ってあげられたという安心感はあります。

葬儀とは別件ですが、ピルケース状のペンダントを買い、小さなお骨を入れて保管しています。

◇火葬場や葬式業者を選ぶさいに注意したほうがいいと思う点はありますか。

火葬のみ、車で出来るような簡素なペット葬儀が主流と聞いた事もありますが、お経を上げて頂き、きちんとした葬儀を経て設備の整った火葬場で送ってあげられたのは、結果的に良かったと思っています。
満足しています。

我が家は病院で紹介して頂いたところが、ちょうど良かったと思っています。