家族のみで行った猫の葬式

私が実家にいたころ、猫がなくなり葬式を行いました。
個別に立ち会いするといった形の葬式です。猫だったので、業者に我々が持ちこみ人間と同じようにお葬式をしてもらい、火葬。そして骨を拾い、納骨という流れです。
葬式の参加者は急に亡くなったので、家族のみでした。

料金としては白木の位牌や棺代といったものを含めて5万円ほどです。
お骨は家に持ちかられると思っていたのですが、自治体によって異なるらしく、持ち帰ることができませんでした。よって、葬儀屋さんの納骨堂に区画を年会費1万円で借りて、お骨を置いてもらっています。管理者がいなくなったら、お骨を納め永代土に戻すという形になるでしょう。

今回のアンケートのため頼んだ業者さんのホームページを見てみました。そこには返骨、分骨可能となっていました。業者さんは隣県にも事業を拡大しているので、隣県では可能なのかもしれません。または、ルールが変わったという事もあるでしょう。しかし、自治体によってはお骨を持ち帰ることができないこともあるようです。

他にも合同葬儀といったものあり、利用した葬儀社さんは料金プランを細かく表記されていました。そのほかにも、大型犬の場合は合同葬儀ができないといったことや、送迎サービスや法要についての利用料金といったことを細かく明記されているので、安心はできます。

お骨を持って帰れなかったので、納骨堂に度々参拝するのですが、スタッフの方が良い方ばかりなので訪れるやすいです。

やはり、ペットの葬儀の相場というとよくわからないというのが実情だと思います。よって、利用料金をきちんと明記されている所をお勧めします。また、突然のことだった時の場合は葬儀社がどこがいいかわからないことも多いでしょう。そういった場合は直接電話で葬儀社に問い合わせてみることをお勧めします。

大体、それで葬儀社の雰囲気がわかると思います。その後改めてホームページで利用料金を確認した方がいいです。問い合わせてみて住んでいる自治体がペットがどのような扱いをしているかを知ることがわかりますし、葬儀にも種類があることも知ることができます。