23歳女 愛犬を埼玉県内のマイペットセレモニー。まだ悲しいです。

私は都内で会社員として働いています。実は今年の新入社員で社会に出てまだ4ヶ月弱です。私が飼っていたのはチワワです。きっかけは、小学一年生の頃、祖父と東京タワーへ遊びに行った際に、手のひらサイズのチワワのぬいぐるみを買ってもらったことです。まだ幼くて私は知らなかった事ですが、祖父はその時すでに癌に侵されており、東京タワーへ行った一年程後に亡くなりました。祖父が亡くなった少し後に、チワワのぬいぐるみで遊んでる私を見て、東京タワーへ行ったにも関わらず、なぜチワワのぬいぐるみなんだと両親が笑いながら私に言うと、本物のチワワ見に行く?とペットショップへ。その日のうちにチワワを連れて帰ってきました。小学2年生の頃です。当時チワワは本当に小さくて、父親の手に収まるくらいだった記憶があります。私は妹が2人いるので、誰がチワワを抱っこするかでよく喧嘩したり、離れたくなくて学校をズル休みしようとしたり本当に可愛くて可愛くて仕方なかったのです。そのうち中学生になると部活が忙しくなった私は、お散歩にも連れて行かなくなり、高校生の頃は部活のためほとんどチワワとは遊ぶことがなかったです。それでも部活や大学受験の勉強で塾から帰った後に、寄ってきてくれるチワワにたくさん癒されました。大学に入学してからは、なんとなくチワワの行動が遅くなったように感じましたが、まだまだ大丈夫と思い、特別一緒にいる時間や遊ぶ時間を設けずにいました。私の頭ではチワワの平均寿命は16年程だし、うちのチワワは確実に長生きするからまだまだ大丈夫だろうと思っていました。しかし、ちょうど今年の頭、大学を卒業する少し前に亡くなってしまいました。社会人になったら可愛い服買ってあげるねと話していた矢先。その頃は卒業論文が忙しく発表会まで切羽詰まっており正直亡くなる前の3ヶ月はほとんどチワワと遊んでいませんでした。落ち込んだまま社会人になり、疲れた時に癒してくれるチワワがもういない現実に未だに涙が出ます。父の意向でお葬式をあげ納骨をしたものの、まだまだ家族の傷は癒えません。お葬式はお別れの儀式ですので、自分の愛するペットのためにも行うことをお勧めしますが、お葬式をして供養をしても飼い主の傷が癒えないのは当たり前です。だから、ゆっくり思い出に浸って、いつか良い思い出に変えられたらなと思っています。無理に元気を出そう、気を紛らわそうとせず、悲しみに向き合って時間が解決するのを待っても良いのではないかと考えております。